鳥取砂丘の昆虫「ハマベウスバカゲロウ」

鳥取砂丘には4種類のアリジゴクが棲息しています。

そのうちすり鉢状の巣穴を作るアリジゴクは「ハマベウスバカゲロウ」と

「クロコウスバカゲロウ」の2種です。ハマベウスバの既知生息地は

      

白っぽい方が「ハマベ」・黒っぽい方が「クロコ」        アリジゴクの巣穴

秋田県・新潟県・鳥取県・島根県・福岡県の5県しか知られていません。

鳥取県では鳥取砂丘(福部・浜坂・湖山・末恒砂丘の内、福部・浜坂砂丘)のみです。

クロコは神社の軒下などに普通に見られます。

巣穴を作らず、砂の中に潜み、砂の上を歩く虫を捕獲するカゲロウの幼虫が2種類です。

「オオウスバカゲロウ」と「コカスリウスバカゲロウ」ですが巣穴を作らないので見つけることが困難です。

鳥取砂丘内にはアリジゴクが移動した足跡(後ろ向きにバックで移動、尻跡ができる)がよく見つかります。

写真・・・尻跡がしたの方から上の方へ・写真上が巣穴

砂丘植物群の近くを散策するとアリジゴクはあります。

関連記事一覧

フォトギャラリー




PAGE TOP