日本一の湖山池をめぐる遊覧船

湖山池は日本で池と名の付く中で一番、面積の広い池です。周囲約18㎞・深さ約2.7m・面積約7㎢です、同じような面積に「芦ノ湖」がありますが、見た目でははるかに湖山池の方が大きく見えるそうです。
なぜか、湖山池はほば円に近いため、入江の多い湖より、広く感じるのでしょう。湖山池は池として出来上がったのはわずか400年ほど昔です、それまでは日本海と繋がった入海でしたが、鳥取砂丘の砂が活発に動いて、日本海との水路が砂で埋まり、江戸時代の初めごろ、海と切り離されて出来た自然の池です。
※昔、海だったので普通の湖沼と違い、最深部が池の真ん中ではなく、海よりの方になっています。

池になることで、海水から汽水に変わり、全国で湖山池のみに伝わる「鳥取県無形民俗文化財」の「石がま漁」が生まれました。
※「石がま」は湖底より大小の石を組み上げて作られた釜の形をした構造物で冬になると魚が籠る習性を利用した漁です。極寒の1月末から2月の初めに行われます。

平成26年10月19日より、日本一の湖山池を約40分で巡る、語り部が乗船した「遊覧船」が竣航しました。
語り部が湖山池にまつわる「昔話」や「伝説」および湖山池に関わるお話など、お客様と対面し、お客様の顔色、表情などをみながら、お客様に合わせて、鳥取弁丸出しで
お話いたします。

春は青島に咲く、約470本の桜を遊覧船から花見、夏は広い池を鳥大生・高校生の
ヨット部・ボート部による練習風景、秋は夕日に染まる湖面の輝きと、飛び跳ねる魚(ボラ)のにぎやかさ(タイミングが合えば船に飛び込んできます)、冬は雪景色等々

お勧め
新たな観光名所として、是非、鳥取にお越しの節はご利用ください。
おススメ・・・9月・10月中旬、ボラが良く飛びます。(サイズ・30㎝以上もいます)
遊覧船にも飛び込んできてお客様はキャーキャーワーワーと大騒ぎ
語り部の話も飛んじゃいます。
内容
運行日時:(9:20~1時間毎に運航・8便/1日)・定員22名×2隻
運行期間:3月初~11月末(冬季は10名様以上の予約便のみ運行)
注意:9:20・16:20の2便は予約があるときのみ運行です。
ご希望の方はTELで前日までにご予約お願いします。
10:20~15:20については常時運行します。 (※気象条件により、運休の場合あり)
料金:大人1,000円/小人500円 (団体様は要予約)
お問合せ先:湖山池遊覧船   TEL:0857-30-5078
松島遊覧株式会社 TEL:0857-73-1212
ウェブサイト   http://www.yourun1000.com

関連記事一覧

フォトギャラリー




PAGE TOP