1日1組限定・秀吉の中国征討『兵どもの山城』見聞コース

歴史ロマンとトレッキングを楽しむ
三大兵糧攻めのひとつ中世鳥取城久松山


  1. 見どころ
  2. ツアー内容
  3. 注意事項

天正9年(1581年)、この久松山一帯で悲惨な戦いがありました。俗に言う「鳥取の渇え殺し」です。
当時、因幡地域は織田軍対毛利軍の最前線でした。織田軍総大将は羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)。
対するは毛利軍武将、吉川経家。この山に鳥取の兵士、毛利の兵士合わせて1500名とも2000名とも言われている兵士が立て籠もり、羽柴軍は2万~3万の兵で久松山を完全に包囲しました。経家軍は食料が乏しく、毛利軍に食料救助を要請しますが包囲網に毛利軍は港を封鎖され海から入港できず、街道も押さえられて進軍もできないでいました。立て籠もった吉川軍は食糧支援も無く、米・味噌を食いつくし、馬を食べ、草木を食べ、食料も無くなっていきました。
バタバタと倒れる兵士たち。・・・残る食料といえば・・・あまりにも惨い。
このありさまにさすがの秀吉も「経家よ、おまえは毛利から送られて来たもんだ。城を明け渡し毛利へ帰れ。」
経家・「このまま帰る事はできません。この腹ひとつで家臣の命を助けていただけるなら、お渡しいたしましょう。」
結局、経家と家老以下数名の切腹にて鳥取城は秀吉の手に落ちました(天正9年10月25日)。
籠城すること約4ヵ月。経家35歳でした。 この戦いの時秀吉が本陣を置いた所が、太閤ヶ平です。

久松公園前(吉川経家像前)➡中坂➡山上の丸(本丸・二の丸・三の丸)➡十神砦➡秀吉軍包囲網砦群➡秀吉本陣跡(太閤ヶ平)➡樗渓公園➡久松公園前(吉川経家像前)

 

◆参加条件◆
参加は2名様以上での申込になります。
参加年齢:中学生以上

集合場所:吉川経家銅像前
参加人数:2名以上〜6名(要予約)
参加料金:4,500円/1名
所要時間:約5時間30分
催行時期:3月1日~5月10日・ 11月1日~12月15日

  • ご予約はお早めに申し込みください。(予約状況によってはお受けできない場合がございます)
  • ご予約はFAX・メール・でお願いします(TEL受付時間:10:00~16:00)
  • 参加料金は当日現金にてお支払いください。
  • 予約後、急にご都合が悪くなったときは早めにご連絡ください。
  • 当日天候不良の場合はご相談の上、コース変更若しくは中止します。
  • 帽子・タイル・水筒・雨具などご持参ください。
  • 鳥取城跡は急峻な山登りです、トレッキングシューズなどでお越しください。

 

フォトギャラリー





PAGE TOP