鳥取城跡散策

鳥取城跡の魅力は、久松山山麓に広がる近世の石垣の城と久松山系一帯に構築された土の城

曲輪群及び、久松山山頂に築かれた戦国期末期の初期の石垣の城など城造りの歴史を垣間見る

事が出来る、全国的に珍しい城の博物館です。

  

久松山系一帯の土の城とは羽柴秀吉率いる織田軍対毛利軍(吉川経家)の戦いの中、土塁、切岸、

などで作られた曲輪群、竪堀、横堀で防御された陣営などが残っています。

  

山頂の遺構は秀吉の兵糧攻め後、宮部氏が石垣の城に改修した初期の石積みの石垣を見ることが出来ます。

山麓には元和3年以降の近世の石垣を見ることが出来ます。

また、全国的に珍しい巻石垣(まんじゅう石垣)が見どころです。

  

関連記事一覧

フォトギャラリー





PAGE TOP