日本一の湖山池を巡る

山陰海岸ジオパークのスポットエリア「湖山池」を巡る旅
湖山池は池と付く名前の池では日本一の面積を誇る池です。周囲約17,5km、面積6,88k㎡、池内には5島(青島、津生島、団子島、猫島、鳥ヶ島)があります。平成26年10月19日より「湖山池遊覧船」が就航しています。


猫島

津生島(左手の島)・団子島(右手の島)

青島と青島大橋

湖山池内で最大の島「青島」、周囲1,6kmの遊歩道、標高約60mの高台の展望台
などあり 散策には絶好の島です。遊歩道には25種の桜の木があり、3月末~4月末まで楽しめます。


高台の展望台上り口

展望台(湖山池の展望が開けます)

湖山池(現在の布勢地区)は中世、因幡の中心として栄えたところです。
15世紀中頃~16世紀中頃までは因幡の守護所が置かれていました(天正元年(1573年)久松山に拠点が移される)。また秀吉の鳥取城攻めの時、秀吉軍を悩ませた武将の砦「防己尾城跡(つづらおじょうあと)」もあります。冬には全国的に珍しい漁法「石がま魚」が行はれます(現在では魚が行われる石がまは4基しかありません)。


左手前低い山が天神山(守護所の置かれていた山)
右手奥のお椀のような山が久松山(現在の鳥取城跡)

つづらお城跡(天正9年。鳥取城攻めの古戦場)
吉岡将監(よしおかしょうげん)が築いたと
伝えられている

「石がま」湖底から櫓のように積み上げて構築・漁期は冬季(1月・2月)

湖山池の形成は、縄文海進時の内湾が池の北域に発達した砂丘ならびに、東域の沖積平野に閉ざされて潟湖になったものです。


湖山池北方面(すぐ上の方に日本海が見える)

湖山池を閉ざした末恒砂丘
遊覧船
運行:4月~10月・8便/1日(9:20~1時間ごと運行)
11月~3月・7便/1日(9:20~1時間ごと運行)
所要時間:約40分    料金:1000円/1人
問合せ先:湖山池遊覧船   TEL:0857-22-4878

関連記事一覧

フォトギャラリー




PAGE TOP